1. HOME
  2. かばん修理
  3. スーツケース修理
  4. 【保険で直す】スーツケース修理

【保険で直す】スーツケース修理

万が一に備えて知っておきたい保険事情

特に海外旅行でありがちなのが、スーツケースの傷や破損です。
中を確認するために鍵が壊されていたり、乱暴に扱ってボディが割れていたりすることは珍しくありません。
せっかくの楽しい旅行の後、自腹でスーツケースの修理…。そんな悲しい思いをして欲しくないから、
保険を使ったスーツケース修理の流れをご案内いたします。

「携行品損害補償」のある保険に入ろう

海旅行前に海外旅行保険の内容をチェックしましょう。
スーツケースなどの身の回り品が偶然の事故によって損害を受けた場合に補償してくれるのが「携行品損害補償」です。
クレジットカードに海外旅行保険が自動でついていて、携行品損害補償があるものもあります(※)。
携行品損害補償は補償限度額があり、会社によって免責金額が設定されている場合があります。

  • ※旅行費用をクレジットカードで決済した場合、など条件があります。詳しくはお手持ちのカード会社へお尋ねください。
  • ※海外旅行保険によっては、携行品損額補償がついていない場合もあります。詳しくは保険会社へお尋ねください。

保険修理の流れ

下記は一例です。保険会社によって流れや条件などが異なりますので、
詳しくは保険会社へお尋ねください。

1

破損に気づいたら即申告&破損箇所の写真を撮影!

空港のターンテーブルなどで破損を確認した場合は、必ずその場で空港職員に申告してください。
空港を出てからでは遅いので気をつけて!
航空会社の免責事項にあたる場合は航空会社が補償してくれます。その場合は指定の修理への依頼が条件の場合があります。
航空会社の免責事項には当てはまらないが、破損が認められる場合は「破損証明書」を書いてもらいます。
鍵が閉まらなくなっていた、など自宅に戻ってしかわからない破損の場合は、早急に保険会社に連絡をいれましょう。

破損に気づいたら即申告

2

保険会社に連絡

保険会社に連絡をいれます。
免責金額がある場合、免責金額は自己負担、それ以上かかる分を保険会社が負担してくれます(※)。

  • ※保険会社指定の修理店がある場合が
  • ※保証額には上限があります

保険会社に連絡

3

修理見積もり依頼

当店へスーツケースをお持ちください。
当店に修理をご依頼いただく場合は見積もり発行手数料は無料です。お見積りのみご希望の場合は発行手数料(1,620円~)を頂戴いたします。

修理が不可能な場合は「修理不能証明書(見積書)」を作成いたします(1,620円~)。

  • ※保険会社によっては見積書ではなく領収書で良い場合もありますので、詳細は保険会社へお尋ねください。

修理見積もり依頼

4

必要書類を保険会社へ提出

保険会社から送られてきた書類やクレジットカードの請求書、修理見積もり(または修理不能証明書)など、必要な書類を揃えて保険会社へ提出します。
審査に通ると、修理見積もり額から免責金額を引いた金額が振り込まれます。
修理不能な場合は、各保険会社が定めている条件のもと、保険金が振り込まれます。

  • ※保険会社によって条件などが異なりますので、詳しくは保険会社へお尋ねください。

必要書類を保険会社へ提出

スーツケース修理はこちら